【初心者さん必見!】指名率アップで、予約が入る!写メ日記の書き方!

しろくまちゃんのつぶやき

どーも!高収入ナイトワークの体験入店大好き、しろくまちゃんです。

写メ日記の投稿はちょっとした工夫で新規やリピーターに繋がります。

しかも、わりとこっそり楽しみにしてるお客さんが多いツール

そういったお客さんを増やすことで集客UPになるので利用価値はかなり高いと言えますね。

これまでは面倒くさくてなんとなく投稿していたという人も、今日からちょっとした工夫を取り入れて指名率UPや予約に繋げましょう♪

新規獲得

新規獲得のためのコツはお客さんが知りたい情報を書くことが大切です。

新規のお客さんは写メ日記からどんな女の子なのかを探ります。

それを見たときに素性がわからない女の子と「一緒に遊んでみたい」「会ってみたい」とは思ってくれないでしょう。

まずは自分を知ってもらうために積極的に自己PRをしていきましょう。

写真はインパクト重視

写メ日記で初めに目を引くのはやっぱり女の子の写真です。

新規のお客さんは写真を見て“自分好みでタイプだ!”と思った女の子に興味を持ちはじめます。

ちょっとエロ系を狙うならボディーラインを強調したセクシーな写真。

カワイイ系でアピールしたいならウケがよかったコスプレ衣装の写真を使ってとにかく目立たせましょう。

逆にあえてエロ推しせはせずに素人感を出すのも◎

お店の子っぽくない普通の女の子のイメージの写真で見えないところを想像させるのも戦略です。

アプリを使って加工し過ぎた写真は逆にウケが悪いのでNGです。実物と違いすぎないようにナチュラルな加工におさえましょう。

自分のキャラクターをアピールする

プロフィール(見た目・性格・プレイスタイル・趣味)を書くことはもちろん大切ですが、自分のキャラクターを細かくアピールしてどんな女の子なのかをお客さんに想像してもらいましょう。

癒し系・セクシー系・清楚系・お姉さん系など色んなジャンルがありますが

・天然&癒し系のモチモチFカップ

・セクシー系の甘えん坊M嬢 など

より細かく書くことで個性をアピールすることができ、お客さんも女の子に対するイメージが湧きます。

まずは自分がどんなキャラクターなのかを把握して、しっかりPRしていことから始めましょう。

スポーツや食べ物など、マイブームについて書くのも◎

会話をするように書く

実際のできごとを会話をするようなイメージで投稿することでお客さんの興味を引くこともできます。

『今日は思い切って髪型をイメチェンしました!黒髪ロングからちょっぴりゆるふわパーマにしちゃったけど、みんな似合うって言ってくれるかなぁ~?』

といったように、美容系に関する話題をお客さんに振ることで女子力もアピールでき、接客するときに会話が弾むきっかけにもなるでしょう。

常連さんにしかわからない投稿にかたよってしまわないよう注意しましょう。

出勤

お店に出勤する前に投稿する写メ日記はその日の集客を左右することもあります。

『今日は○○時から○○時まで出勤します。皆さんお待ちしてしてます!』

どうしてもこんな定型文のような投稿になってしまいがちです。

出勤前の写メ日記はこれら3つの点を意識し、お客さんに会いたいと思ってもらえるような内容で投稿しましょう。

意識するポイント!
  1. 写メ日記を見てくれたお礼
  2. 上手に感情表現すること
  3. 投稿する時間帯

写メ日記を見てくれたお礼

『ご覧いただきありがとうございます♪』

『いつも写メ日記見てくれてありがとう!』

など、まずは写メ日記を開いてもらったことへの感謝の気持ちとしてお礼を伝えましょう。

上手に感情表現すること

『今日逢えるのを楽しみにしています!』

『またね、と言っていただいてとってもうれしかったです!次回もお誘いお待ちしてます♪』

など、楽しい気持ちや嬉しい気持ちを上手に表現することでお客さんも「また会いたい」「応援してあげたい」という気持ちになってくれます。

『恥ずかしい』『ドキドキする』といった表現も女の子らしい男性ウケする言葉です。

投稿する時間帯

せっかく『○○時~○○時まで出勤します♪』

と書いていても、出勤してから投稿してしまうとお客さんの目に留まるのが遅れてしまいます。

出勤する1時間程度前に投稿すれば出勤してすぐの予約にも繋がる可能性があります。

効率よくお仕事することもできるので事前に投稿するよう心掛けましょう。

退勤

来店してくれたお客さんに対してのお礼や次回出勤の告知にも利用できるのが退勤後の写メ日記です。

終わりよければすべて良し。

こちらも以下の3つの点を心掛け、次の予約や来店に繋がるような内容で投稿するようにしましょう。

意識するポイント!
  1. まずは写メ日記を見てくれたことへのお礼
  2. 予約・来店してくれたお客さんに感謝を伝える
  3. つぎの出勤日やイベントの告知

まずは写メ日記を見てくれたことへのお礼

どんなときでも写メ日記を見ていただいたことへのお礼は忘れずに伝えましょう。

毎回送る文章を変えるのは大変でネタも尽きてしまうので、出勤前や退勤後のお礼文は定型文として保存しておくと便利です。

予約・来店してくれたお客さんに感謝を伝える

その日、来店してくれたお客さんに対しても個別にメッセージを添えてお礼を伝えましょう。

『いつも逢いにきてくれる仲良しお兄さん、ありがとうございます!来週また逢えるのを楽しみにしています♪』

『はじめましてのグレーパーカーのお兄さん、優しくお話してくれてありがとうございます♪』

といったように、お客さん本人が自分に対してお礼を伝えていることをわかるようにメッセージを添えましょう。

特に常連さんは欠かさず写メ日記をチェックしているはずですので忘れずに投稿しましょう。

つぎの出勤日やイベントの告知

『次回は○月○日の○○時に出勤予定です!いっぱい頑張るのでまた可愛がってくださいね♪』

次回の出勤日時を告知すればお客さんが事前に予約を入れることができます。

もし1週間の出勤が決まっていたり、フル出勤の場合だといつでも会えるというニュアンスに取られる可能性もあるのであまりオススメしません。

また、お店のイベントはお客さんにとってもお得な日なのであれば告知しておきましょう。

ただ、派手に誘致しすぎると業者感がでてしまうのでついでに書くぐらいの気持ちで入れるのが無難です。

お礼

出勤する日に予約してくれたお客さんや常連さんに対して

『お兄さん方、いつもご予約ありがとうございます!』

と、ひとくくりにしてしまうとそれぞれのお客さんに感謝の気持ちが伝わりずらいくなります。

『○○時に予約してくれたお兄さん、いつもご予約ありがとうございます!』

『今日はお昼にはじめてのお兄さんからご予約いただきちょっぴり緊張気味です♪』

といったように、それぞれのお客さんに対して個別にメッセージを添えるかたちで投稿すると感謝の気持ちも伝わりやすくなります。

ひとりのお客さんを特別扱いしてしまうと、他のお客さんがヤキモチを妬いてしまうので強弱をつけすぎないように注意しましょう。

出稼ぎ

普段お仕事をしている地域から離れたところに出稼ぎに行っている女の子は固定のお客さんが付きずらいという欠点もあります。

出稼ぎならではの連勤やロング出勤だからこそ集客するための写メ日記は大切です。

出勤日時や告知など、しっかりおこなって事前予約を獲得できるように投稿しましょう。

意識するポイント!
  1. いつもとは違う女の子(レア感)をアピールする
  2. 別の地域から来たことをアピールする
  3. 土地や仕事に慣れていない素人感を出す

いつもとは違う女の子(レア感)をアピールする

出稼ぎで働くとどうしてもお店の常連さんへ知られていないことがデメリットになります。

ですが、あえてそれを逆手にとってレアな感じをアピールすることが大切です。

まず、入店する数日前に

『○月○日より○○店さんでお世話になることになりました○○です♪』

と挨拶することで新人が入店するという告知になり常連さんに伝わっていきます。

いつもと違う女の子というのは興味を注がれるお客さんもいるはずですでの、できるだけ事前に写メ日記で告知しておきましょう。

お店それぞれに写メ日記を投稿するためのルールがあります。ルール違反は給料減額になる場合もあるので出勤前に投稿する際は事前にスタッフに確認しておきましょう。

別の地域から来たことをアピールする

ほとんどのお客さんがわざわざ遠方に出向くことなく、地元地域のお店を利用することが多いので別の地域から来た女の子はかなり新鮮味があるはずです。

言葉のニュアンスや生活習慣が違う女の子は可愛がってあげたくなるのが男心。

写メ日記の投稿も地のニュアンスをあえて取り入れることでお客さんは「どこの子だろ?」と興味を持ってくれるでしょう。

また、出張や単身赴任で来ているお客さんもいるので、地元が近いことがわかるほうが親近感が湧きます。

出稼ぎ期間中のリピーターになってくれる可能性もあるので別の地域から来たことはどんどんアピールしていきましょう。

長期在籍のつもりで入店していることになっていることもあります。

「期間限定の出稼ぎ」というワードをNGにしているお店もあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。

土地や仕事に慣れていない素人感を出す

一番は慣れていないという素人感を出すことです。

例えば、その土地ならではの景色や食べ物を載せて

『住んでたところにはこんな素敵なところ(美味しいもの)はありません!』

『この通りってたくさんお店があるんですね!どこかオススメのお店があれば教えてください♪』

こういった内容を投稿することで、お客さんは得意げになって話をしてくれるでしょう。

まだまだ地域に慣れていない、というアピールは素人感が出るためお客さんにほっとけない存在をアピールすることができてオススメです。

自撮り

写メ日記が読まれるかどうかは写真にかかっているといっても過言ではありません。

1回の投稿には最低1枚は必ず添付するようにしましょう。

また、自撮りで写真を撮る場合はお客さんにインパクトを残すためのコツがあるのでぜひ取り入れてみてください。

意識するポイント!
  1. 自信のあるボディーパーツやボディーラインを撮る
  2. 目線や角度
  3. どこまで加工するか

自信のあるボディーパーツやボディーラインを撮る

写メ日記に投稿する写真はお客さんに1番見て欲しいと思う、自信のあるボディーパーツやボディーラインを載せましょう。

バストに自信があるなら手でトップを隠して手ぶらでセクシーさをアピールしたり、コスプレ衣装を着て谷間をアピールするといいでしょう。

また、ヒップやウエストに自信があるなら身体をひねったポージングでさりげなくボディーラインをアピールするのもセクシーです。

ただ単にピースしたような写真だと所帯じみたイメージになってしまいます。

入浴シーンや着替えるところでもOKです。やりすぎと思えるぐらいでも雑誌の表紙のような写真の方がお客さんは喜んで見てくれます。

バストトップや陰部が見えると削除される可能性があるので露出のし過ぎには注意しましょう。

目線や角度

鏡で見たときに「右(左)の方がいい」というのはどの女の子にもあるかと思います。

それと同じで自撮りするときは上からのアングルで上目遣いをしてみたり、ぷるんとした口元を強調してみたり自分がカワイイと思える目線や角度で撮ることが大事です。

そういった写真は普段男性がじっくり見ることのないアングルやパーツでもあるので、男性の想像力をかき立てます。

胸元や口元、目元のホクロがある場合は「○○ちゃんはココにホクロがある」といった個性にもなり、セクシーなイメージが湧くので一緒に映すのもおすすめです。

どこまで加工するか

とにかく可愛くしたくてアプリで加工し過ぎるの、というのは実は逆効果です。

女の子同士ではカワイイと思っていても、実物と写真が違いすぎたときはお客さんからクレームになる恐れがあるので注意が必要です。

加工するコツとしては肌をキレイに魅せたり、唇の色を淡くしたりすることはOKです。

ただし目や胸元を大きくしすぎたり、鼻やアゴがとがりすぎている(細くしすぎる)と印象が大きく変わってしまいます。

やらなさすぎでも所帯じみてしまうのでお客さんウケはよくありませんが、会ったときのギャップが違い過ぎると次回の指名には繋がりません…

できる限りシンプルに加工するように心掛けましょう。

コメント